rakuten_mobile300

2020年4月8日、楽天モバイルが無事商用サービスをスタートしました。4月14日現在、目立ったトラブルもなく順調なスタートを切ったようです。もともと、2019年10月に商用サービスを開始すると宣言していた楽天の三木谷社長。直前まではやる気満々?でしたが、結局のところ、基地局の整備目標に届かず、半年延期となりました。それだけに、失敗は許されない状況。三木谷社長も「ひとまずは」ほっとしているのではないでしょうか。

1年間無料にして300万人獲得へ必死のパッチ


1年間無料という野心的かつ挑戦的な価格設定にしてるものの、当初目標の300万人には達していないと思われます。300万人に達したら「1年間無料」という特典は受けられません。いまのところ、その数字に達したという発表はありませんし、CMをネットで継続しているということは、まだ未達。これについては、さすがの三木谷社長もここは数字を見誤った、かもしれませんね。おそらく、iPhone対応の楽天LINKアプリが登場したら、爆発的にユーザは増えると思われますので、早い対応を期待したいですね。

わかりやすいプランには好印象


ドコモ・au・ソフトバンクの各社プランって、わかりにくいと思いませんか?ネーミングもダサいし、動画サービスがくっついたプランなどもいろいろあって、なんとなく面倒臭そう。
(もともと私はMVNOなので関係なかったのですが、1年間無料ということで、今回新たに申し込んで、SIMゲットしました)。

楽天モバイルは「1年間無料」「解約手数料は0円」という、これまでの大手キャリアに挑戦状を叩きつける形で参入。さらに2年目からも2980円(1プランのみ)というわかりやすく、圧倒的に安い価格設定です。大手キャリアだと一般的に、5000〜7000円といったところですから、半分くらいですかね。この辺りはかなり好感が持てます。6月には5Gサービスもスタート予定。

▼紹介コードを使って2000ポイントゲット
 紹介コード: QDj5XhWQXUyn (12桁英数字)

「楽天モバイルID」 に 上記の紹介コード を入力



公式にはiPhone未対応だが実は...


さて、サービスは無事開始したものの、大きな問題が改めてというか、前から分かっていたのですが、やはり浮上してきました。それは「iPhoneには未対応問題」です。世界にくらべて、iPhone使用率が異常に高いのが日本。ざっくりですが、スマホユーザの半分はiPhoneシリーズのどれかを使用していると言われています。そのiPhoneに対応していないというのは、痛いところです。

実はiPhoneであっても機種によっては全く使えないというわけでもなさそうです。iPhone11シリーズなどであれば、「データ通信」「音声通話」は利用できると、通信に詳しいユーザが動画などでそのやり方を公開しているようです。4月23日に、新しいiPhoneSEが発売になりますが、おそらく使えるのでは?もちろん、楽天の公式では発表されていませんので、自己責任となります。

APNと言われるアクセスポイント設定をすることでiPhoneでもデータ通信と音声通話はできるようです。ただ、楽天は専用のアプリ(楽天LINK)を提供していて、このアプリを使うと通話は無料になったりします。これはアンドロイドしか対応していません。理由は定かではありませんが、現時点ではアンドロイドのみなのです。たぶん、あちこちから文句?が出るでしょうから、楽天も対応することになるでしょうね、近いうちに。[1411]

▶︎楽天モバイルが1年間無料キャンペーン!(300万名限定)






 

 
 


















▶︎いびき防止・取り戻せ!快眠
イビキが気になるかたへ。イビキの音を検知し、寝ている間にお知らせ。コレに反応し、イビキの軽減も。5gの軽量製品のため、旅行や出張などにも持ち運びしやすいコンパクトなデザインです。



【日本国内正規品】Snore Circle スノアサークル ブラック 耳取り付け型 いびき軽減スマートツール Bluetooth SMART/Bluetooth 4.0対応




  





  

スポンサーリンク