そろそろクーラー全開の季節。キンキンに冷やしてビールを飲みたいですね。さて、クーラーの効きを最大限にするには室外機に一工夫すると良いみたいです。

クーラー室外機カバーで効率アップ


熱効率の良いクーラーにすれば電気代も助かるものの、やはり初期投資が高くなります。今あるクーラーを買い換えるのはさすがに勇気と度胸?がいりますが、その前にできることがあります。

それは、クーラー室外機カバーで効率アップする、ということ。多くの場合、室外機は太陽の直射日光にさらされているかと。冷房の効きに左右するのは室外機における熱交換の良し悪し。暖かい空気をコンプレッサーで冷たい空気に変えるのは室外機ですから、できるだけ冷やすことが大事。



直射日光を避けるカバーを取り付けることで、天板の温度上昇を抑制します。今はホームセンターなどで、「日除けシート」として販売しています。価格も1000円ー2000円前後ですから、お手頃ですね。

うちはマグネット式のカバーをつけています。裏面にマグネットが複数ついているので少々の風ではずれないようになっています。室外機の負担を軽減。
室外機カバー


省エネ・節電

この夏、できるだけ日差し(直射)をさけて、効率的に賢くクーラーを使いたいものです。

遮熱

  ⇩⇩⇩⇩⇩エアコン室外機の遮熱シール 4枚入
   

消費電力比較



お金との相談ですが、理想はアルミタイプのカバーにするとガッチリ室外機をカバーできるんですけどね。お値段との相談になるかと。

  

アルマックス(Almax) アルミ製 室外機カバー
 


 

スポンサーリンク