韓国には戦略的無視


親しき中にも礼儀あり、という言葉があります。対して親しくもない隣国ですが、日本なら何を言っても許される、中国にはダンマリ・・・そんな風潮でこれまでずっと対応してきた韓国。様々な問題・事件が発生してきたわけですが、たどりついた最前の策は「丁重に無視する」ということではないでしょうか。戦略的無視、これが一番おだやかに過ごせる手法では?数々の事件、問題を挙げてみます。いろいろあったと記憶しているのですが、あらためて列挙すると、本当にいろいろありましたね。それでは新しいほうから順に。

入国制限の件


武漢肺炎(新型コロナウィルス )が世界中に拡散する中、2020年3月、日本政府が韓国からのビザなし渡航を禁止。これに対して、けしからん!撤回しろ!と噛み付いた韓国政府。他の国も同様の措置をとっているのに、文句を言うのは日本だけ。何を言っても許されるという甘え体質から、言いやすいところに言っている感じは否めませんね。中国には何も言えないと、自国の大手新聞から指摘される始末。ま、今に始まったことではありませんが。



今思えば、仮に経済崩壊した時に、韓国から日本にヒトが雪崩れ込む可能性が考えられますが、このビザなし禁止は有効な政策だったのではないかと思う次第です。これまではノーガードでしたからね。いつ解除するか、おそらく長引くんじゃないですかね。

ボイコットジャパンの件


日本の輸出管理強化に伴い、日本製品不買運動が韓国で広がりました。日本メーカの商品を踏みつけたりしたパフォーマンス。お馴染みの光景ですね。日本であんな品のないパフォーマンスが報道されることはあるでしょうか。彼らにリスペクトの習慣なんてさらさら無いようです。ただ憎いだけ。これでは良好な関係を築こうという気にならないでしょうね。半島では儒教が心の中心になっているといいます。これ、もともと民に道徳が定着していないから儒教の教えで諭すためにある、という説もあるようですね。納得です。

面白いのが、ボイコットジャパンを伝える報道機関の機器が日本製が多いということだそうで。高度な機器は日本に頼り切っているという事実をご存知かどうか。知らないんでしょうね。知らぬが仏・・・おめでたいことです。さらに、韓国の企業が日系の金融機関から2兆円規模の信用供与を受けていることも明らかに。表むきにはノージャパンと叫びながら、裏ではゴマをすりすりしひざまづく。悲哀さえ感じます。

募集工の件


高額な給与をもらって募集してきたのに、何十年が経過すると「強制的に」連れてこられたと言い出すご老人たち。そして、それに群がる弁護士と市民団体。例の件、できるだけ早く、今年末には、来年1月には・・・どんどん先延ばし。もう3月ですが、いつになったら現金化するのでしょうか?やるやる**ですかね。

輸出管理強化の件


日本から輸出した素材が北朝鮮やテロ国家に横流しされているのでは?という疑義があるために、日本からの輸出管理を強化することを決定。韓国ではこういった素材がゆるゆるで管理されているために、第三国に流れているという疑惑。これを改善してもらうための措置です。要するに「ちゃんとしてほしい」だけ。なのに、ホワイト国から除外したと騒ぎ立てているようです。アジアでホワイト国にしたのは韓国だけですからね。挙句の果てに安全保障のGSOMIAを破棄する!と勝手に言い出す始末。結局、振り上げた拳を自ら下げる失態。他の国はそうではないんです。特別扱いはしません。

放射能難癖の件


韓国のある団体が放射能の防護服を着た人物を描いたポスターを制作。あちこちにばらまいた事件。事実とは反する、意図を感じるパフォーマンス。ところが、モニタリングポストの値によると、韓国のほうが放射能の数値が高いという事実が判明。数字は正直です。大恥をかくことに。もうコントです。

   

旭日旗の件


日本の海上自衛隊では正式な旗として、旭日旗を掲げています。これは昨日、今日の話ではなく、長年そうしてきたものです。戦後しばらくクレームなどなかったのに、急に戦犯旗だと難癖をつけだした彼の国。もう意味不明ですね。無視無視。

レーダー照射事件


一歩間違えば、戦争になるかもしれない海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射事件。日本が公開した映像を映画顔負けの音楽をつけて自国の映像のようにフィーチャーした韓国。肝心の動画ですが、4分のうち、オリジナルはわずか10秒・・・自前の映像はちょびっとだけ。明らかに貴方の道理が通っていないことが・・・反証の動画公開が遅くなったのは、

・BGMの選曲に時間要した
・音声を合成するのに時間を要した
・なんとか接近しているように見せるのに苦慮

という噂も。一説では瀬取りをしていた船をかくまうため?という話も。または北朝鮮の要人が脱北したのを発見して連れ戻そうとしていたという説も。

慰安婦合意の一方的破棄


2015年末、「最終的かつ不可逆的に」という言葉が有名になりました。もう後戻りはないだろうと合意したわけですが、政権が変わると「無かったコトに」。10億円の残りはどこにいったのか・・・アレ、日本の税金ですよね。ま、もう「最終的」そして「未来志向」という安っぽい言葉は使わないようにしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

慰安婦像の件


大使館の安寧を約束したウィーン条約なんて、ちゃんちゃらおかしい!?大使館の前に慰安婦のオブジェをおいて喜んでいるそうですね。いつになったら撤去されるのかと思いきや今度は徴用工の像までランデブーする始末。もう誰も注目してないし、話題にもならないですけどね。[2285]

▶︎ウォン安が進む韓国!あの通貨危機を思い出す状況か
 
 

スポンサーリンク