アビガン

ドイツがアビガンの大量購入を決定


新型コロナウィルスの感染拡大を食い止めるためにドイツアビガンの大量購入を決定したとドイツ紙が報じました。数百万錠というからすごい数です。新薬の開発には時間がかかり、治験も必要なことから、いきなり救世主が現れることは現実的でないようです。このため、すでに開発・治験・販売が行われている薬のうち、新型コロナウィルスに効果的なものを試そう!という動きになっています。

ただ、気になる点が1点。ドイツはアビガンを買うと言っていますが、「アビガンを含む薬」と発表しているようです。2019年にアビガンの特許が切れているため、同じような成分の薬を中国が開発・生産していると言われ、今回のウィルス感染者にそれを投与しているんだそうです。そして効果があった、とのこと。ドイツにとって、中国はドイツ車のお得意様ですから、日本ではなく中国の製薬メーカに発注する可能性も捨て切れません。報道ではここのところがハッキリしていないのが気になります。

日本の製薬メーカー「富士フィルム富山化学」がせっかく開発・販売しているアビガン。世界の役にたつといいのですが。

▶︎アビガンの注目度が半端ない件



 
 


















▶︎いびき防止・取り戻せ!快眠
イビキが気になるかたへ。イビキの音を検知し、寝ている間にお知らせ。コレに反応し、イビキの軽減も。5gの軽量製品のため、旅行や出張などにも持ち運びしやすいコンパクトなデザインです。



【日本国内正規品】Snore Circle スノアサークル ブラック 耳取り付け型 いびき軽減スマートツール Bluetooth SMART/Bluetooth 4.0対応




  





  

スポンサーリンク