▶︎スマホ料金 改善計画(楽天モバイル)

またまた、楽天モバイルがやってくれました。新しいコマーシャルのキャラクターに女優の米倉涼子さんを起用。「私、失敗しないので」でお馴染みですね。

楽天モバイルは、先着300万名には月額2980円のところ「1年間無料」という大盤振る舞いで話題のケータイ会社です。これまでドコモ・au・ソフトバンクの3社だったところに、第4のキャリアとしてサービスを開始しました。いろいろ細かい問題は出ているものの、データ通信無制限、通話無料ということで、お得感が半端ないとざわついています。



▶︎BIGLOBE WiMAX 2+


さて、本題。楽天モバイルとは直接関係ありませんが、新CMの広告制作会社(ADKマーケティング・ソリューションズ)が若干「怪しい」ところのようです。上場企業ですので、ネームバリューもあるため、表向きは問題はないかと思いますが・・・

ADKの前身会社「旭通信」時代の話です。1991年に新華社通信と業務提携しています。わかりますね、新華社。そう、あの中国の国営通信会社です。天安門事件が1989年ですから、あの後に業務提携しているんです。その後、上海で合弁会社などを立ち上げたりして、中国とはかなり「親しい」間柄のようです。沿革についてはホームページに記載されていますので、詳細は参照ください。

今の時点でどういった業務提携を継続しているのかは不明です。ただ、米中冷戦の中で、こういったところと関係がある企業・・・気をつけたいですね。
 
 

スポンサーリンク