こうべ1


こころのところ、1ドル1240フォンにまでウォン安が進んでいます。もともと韓国が想定している「防衛ライン」と言われるレートは1ドル1200ウォンだったはず。1200どころか1250、1300にまでウォン安が進みそうな勢い。今年の3月にも同様にウォン安が進みました。それを少し振り買っておきます。

ウォン安が止まらない


コロナショックの前から景気が悪くなっている韓国経済。さらに、ウォン安も加速して、通貨危機が再び訪れるのではないか?と懸念されています。ここのところの為替は目まぐるしく変化。コロナショックでダメ押しか?



2020年3月18日


2020年3月18日時点、1ドル1240ウォンと、かなりウォン安が進んでいるようです。韓国の防衛ラインと言われていたのが1200ウォン。新型コロナウィルスが世界中にばら撒かれて、大混乱になってからは、あっさり1200を超え、1250を伺う展開。夜中に「こっそり為替介入」でしのんできた韓国銀行ですが・・・もう耐えきれなくなったか。毎朝9時になるとドルが売られてウォンが下がる毎日。

文大統領の経済政策。最低賃金を引き上げて、60歳以上の雇用が増えたと自画自賛するものの、肝心の若者の失業率は増えるばかりでボロボロの状況。最低賃金を急激に引き上げたものだから、中小企業はバタバタと潰れていくことに。おそらく不満はたまっているのでは? 振り返ってみると、就任当初は財閥を叩いて中小企業を救う・・・こんなスタンスだったのではなかったか。ところが今は全く逆の状況。無理な政策の押し付けで「ありがた迷惑」という言葉がありますが、これになるのかな。

大事な輸出も14ヶ月連続で前年比を下回る状況。誰のせいですかね。自動車・半導体・造船・・・主力産業がことごとく厳しい状況。これで、よく国民は耐えていますね。半導体では、日本から輸出規制強化を突きつけられ、GSOMIA破棄という、あさっての方向へ自ら突き進む始末。挙げ句の果てには「やめるのをやめた」とギリギリになって撤回。何がしたいのか・・・アメリカも相当怒っていることでしょう。内政も外交も行き詰まっているようです。

▶︎スマホ料金 改善計画(楽天モバイル)

武漢肺炎では、PCR検査をドライブスルー方式で実施し、検査数は抜群!と世界に発信。しかし、宗教団体でクラスターが発生して大邱(てぐ)の街は大混乱。感染者が拡大し、結果的に世界中の国から入国制限を受けることに。日本は検査が少ないかもしれませんが、感染者もなだらかに増加。一番困るのが急激な感染者の増加。医療崩壊をなんとか防ごうと学校まで休校にして対策をとっています。いろいろ批判はあるにせよ、一定の効果があるんじゃないかと。フランスも学校を一斉休校してるようですしね。

金融の安定化というお題目のために、アメリカとの通貨スワップを結ぼうと画策しているようですね。3月18日に金融対策を発表する予定だそうです。ただ、困っているのは韓国だけで、ウォンなんてもらってもアメリカは嬉しくないでしょうし、こうありたい!と、希望的なことをいうのが韓国ですから。もちろん日本とはムリなので、そこはよろしくお願いいたいところです。

2020年3月20日


2020年3月20日に、アメリカと韓国は通貨スワップを締結。もう韓国マスコミは大喜び!次は日本だ!と言わんばかり・・・ムリですね、それは。ただ6兆円という規模のため、その効果は疑問。週明けの3月23日、朝一で1281ウォンまでウォン安(昇龍)!その後、アメリカから融通してもらったお金で為替介入してようやく落ち着くも次の日の9:00前にはじわじわとウォン安が・・・

2020年3月24日


アメリカから融通してもらった6兆円・・・あさから見え見えの為替介入が絶好調ですね。しかし、これではおそらく足りないと感じた韓国は、日本と通貨スワップを結ばなければならない!となぜか上から目線で懇願?ノージャパンをしていたのでは???不思議な国ですね。

コロナショックがいつまで続くかわからない状況ですから、ウォン安はどんどん進むでしょうし、そろそろ通貨危機の悪夢を思い出す時期にきているのでは?当時と違って、アメリカとはわずかな額で合意しましたが、日本とは通貨スワップを結んでいないわけですから、ひとたびトリガーがかかると一気に破綻する可能性は大きいかと。[1536]


 
 


















▶︎いびき防止・取り戻せ!快眠
イビキが気になるかたへ。イビキの音を検知し、寝ている間にお知らせ。コレに反応し、イビキの軽減も。5gの軽量製品のため、旅行や出張などにも持ち運びしやすいコンパクトなデザインです。



【日本国内正規品】Snore Circle スノアサークル ブラック 耳取り付け型 いびき軽減スマートツール Bluetooth SMART/Bluetooth 4.0対応




  





  

スポンサーリンク